モコモコ

こんにちは!愛知県で整体師をしているモコです。

今回はヘルニアによっておこる腰痛とその治療法について書いていきたいと思います。

【椎間板ヘルニア】 腰で起こるヘルニア

tsuikanbanherunia

 

腰で起こるヘルニアの事を腰椎椎間板ヘルニアと言います。

今回はそのヘルニアの影響で腰にどれだけ負担がかかるかを書いていきます。

【椎間板ヘルニア】 ヘルニアになることでどんな風になる?

ヘルニアになることで腰の神経が圧迫されて神経の炎症が起こります。

炎症のある個所には痛みがあり、体重をかけると強くなりますので体は無意識に体重をかけないようにします。

そのように痛む個所を庇うため、腰全体が曲がった姿勢になり、庇った筋肉が強く収縮して痛みを出します。

他にも筋肉が凝り固まってお尻の神経を圧迫することでヘルニアと関係なくしびれが出たりすることもあります。


スポンサーリンク

ですのでヘルニアを取り除いても腰痛で痛みやしびれが残るという事が起きたりします。

症状にもよりますがそのような状態になった場合、痛みが長引くためヘルニアの回復に時間がかかるとも言われてます。

【椎間板ヘルニア】 腰のヘルニアの治療法

腰のヘルニアについては重度の症状でない限りは保存療法と言って、マッサージやストレッチが中心となります。

痛みで庇っている筋肉の血流を良くしたり、ストレッチで姿勢を改善することで腰痛を改善し、ヘルニアの負担を減らしていきます。

その他にも電気治療や鍼治療なども効果的と言われております。

また整体院などでは腰を支える骨盤に注目してこちらの矯正を行うことで腰の負担を減らしていくという方法も行われています。

ただし、痛みが強かった場合や排尿障害などがある場合は別でこの場合は手術によってヘルニアを除去するなどの治療が行われます。

主な手術法としては全身麻酔を行い腰にメスを入れて飛び出たヘルニアを除去する方法。

その他に内視鏡で行い局部麻酔で行い身体の負担が少ない手術方法などがあります。

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら

福辻式腰痛ストレッチは本当に効果はあるのか?



私の患者さんが「福辻式腰痛ストレッチ」を試してみたようです。

骨盤枕ダイエットなどで、色んな書籍を出版された方なので、結構有名な方です。

一体どのような結果になったのでしょうか?

⇒福辻式腰痛ストレッチを実際に2か月間やってみた私の体験記はこちら





最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる



スポンサーリンク