モコモコ

こんにちは!愛知県で整体師をしているモコです。

今回は様々な種類があるヘルニアの手術について書いていきたいと思います。

【椎間板ヘルニア】重症でないと行われないヘルニアの手術

ヘルニアの手術は首の場合は脊髄神経が圧迫された場合、腰の場合は排尿障害がある場合に主に行われます。

それ以外にも痛みが強く、日常生活の復帰が難しい場合にも手術が行われます。

しかしそれ以外の軽度のヘルニアの場合は手術ではなくリハビリなどの保存療法が一般的です。
ヘルニアの手術の入院期間ですが大体は1週間から3週間と言われております。

しかし最近は内視鏡などの発達もあり、短くなっていく傾向にあります。

【椎間板ヘルニア】基本はメスを入れて、飛び出たものを取り出します

ヘルニアの手術の方法としては全身麻酔をかけて腰を切開し、神経を圧迫している髄核を切除するLOVE法というのが有名です。

ヘルニアそのものを除去しますので効果はありますが、その際に骨や筋肉も切るために1週間から3週間ほどの入院期間が必要になります。

images


スポンサーリンク

最近では内視鏡や顕微鏡等を使って切開する部分を小さくし、筋肉や骨をそんなに切らずに直接ヘルニアを切除する方法も出てきております。

こちらは身体を傷つける部分が少ないために、入院期間も短くなります。

【椎間板ヘルニア】取らないでヘルニアを消す、レーザー手術法

images

保険外にはなりますが日帰りで出来る手術としてレーザーによる手術法があります。

こちらは椎間板に針をさして、そこからレーザーを発射する管を入れてヘルニアに直接レーザーを照射する方法で、

身体に針を刺すだけですので傷が少ないため局所麻酔で済み、長くても1日の入院で手術ができるという特徴があります。

似たような方法として鍼を刺して、そこからワイヤーを通しヘルニアを削り取って吸引していく方法もあります。

こちらも期間は同じくらいで局所麻酔で済むという特徴があります。

しかし両方とも保険の効かない最先端医療という物になりますので費用は莫大なものになります。

そのため最近では内視鏡での手術が費用、入院期間などを含めてメリットが大きいため、そちらが主流になりつつあります。

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら

福辻式腰痛ストレッチは本当に効果はあるのか?



私の患者さんが「福辻式腰痛ストレッチ」を試してみたようです。

骨盤枕ダイエットなどで、色んな書籍を出版された方なので、結構有名な方です。

一体どのような結果になったのでしょうか?

⇒福辻式腰痛ストレッチを実際に2か月間やってみた私の体験記はこちら





最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる



スポンサーリンク