モコモコ

こんにちは!愛知県で整体師をしているモコです。

今回はヘルニアが及ぼす背中の症状について書いていきたいと思います。

【ヘルニア講座】頸椎ヘルニアの症状は首や肩だけじゃありません

images

頸椎ヘルニアと言えば、首の痛みや手の痺れなどがよく言われますが、実は背中の痛みもあります。

原因としては頸椎ヘルニアの発生しやすい部分(首の骨の下側)から出る神経が腕から脇の部分の神経であること。

首や肩が痛みで硬くなることで背中にも影響が出て背中が凝り固まること。

その他にも脊髄神経そのものが圧迫されるとその下の部分の神経も圧迫されるので背中の部分に痛みが出る事。

などが原因として主に上げられます。

【ヘルニア講座】背中の症状、放っておくとどうなるの?

背中の痛みは何もしないでおくと実は厄介な症状を引き起こす可能性があります。

背中、特に肩甲骨は腕周りの筋肉や首の筋肉が繋がっているので背中が凝ってるとこちらにも悪影響が出ることもあります。

背中が凝ると自律神経に影響が出やすいため、身体にストレスが溜まりやすくなり痛みが取れにくくなったりします。

痛みが取れにくくなると結果として回復が遅くなったりリハビリが進まなかったりします。

ですので早い段階で処置をすることをお勧めします。

【ヘルニア講座】背中を守るために肩甲骨を回してケアをしよう

images

背中の負担を取るのに一番簡単な方法として、肩甲骨周りのストレッチがあげられます。

上のイラストの通りにやっていって肩甲骨周りの動きを良くすることで背中の緊張を取り、症状を和らげます。

この他にも整体などで背中の筋肉を緩めていったり、鍼灸治療院にて鍼や灸を行う事も効果があると言われてます。

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら



【デスクワークという地獄からの解放】

ヘルニアや腰痛でデスクワークをされている方はたくさんいますが、そんな方にとって、日々の仕事は地獄以外の何ものでもありません。

椅子に座ることは、骨盤に一番負担がかかる姿勢です。

この座る姿勢を矯正してくれて、腰への負担を軽減してくれると今話題の「アーユルチェア」を私の患者さん、20名に体験していただいて、感想を頂戴いたしました。

その結果はいかに・・・?

⇒ヘルニア腰痛に効果的なアーユルチェアを実際に使った感想はこちら



最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる