モコモコ

こんにちは。愛知県で整体師をしているモコです。今回は、腰痛ストレッチについてお話していきます。

腰痛はほとんどの場合、腰回りの筋肉が高くなっていたり、バランスが崩れて歪んでいることが原因です。そうした場合には、ストレッチで筋肉を柔らかくすることで、腰痛を改善することができます。

しかし、必ずしも腰痛にはストレッチがよい、とは言い切れません。

腰痛にも種類がある

腰痛は、その原因によってストレッチが効果的な場合と、効果が出ない場合があります。後者の場合は、効果が出ないどころか症状を悪化させることにもつながりますので、ストレッチはしないことをオススメします。

では、ストレッチをしていいものとしてはいけないものについて、詳しくお話していきましょう。

腰痛のタイプ

腰痛には、

・前にかがんだ時に痛みが出る、またはかがめないタイプ

・後ろに反った時に痛みが出る、または反りにくいタイプ

の2タイプががあります。このうち、前にかがんだ時に痛みが出るタイプは、腰周りの筋肉をほぐしたり柔らかくしたりすることで軽減が可能です。

しかし、後ろに反った時に痛みが出るタイプノ場合は、ストレッチが逆効果になる可能性が高いため、やらないようにしましょう。

と言うのも、腰を反った時に痛みが出る腰痛は、

・腰椎分離症・すべり症

・脊柱管狭窄症

が原因である可能性が高いためです。実際に病院でそのように診断される人もいるでしょう。

腰椎分離症・すべり症とは

腰椎分離症やすべり症は、腰椎がずれることが原因で痛みが出る病気です。ぎっくり腰との違いは、ずれた腰椎が元に戻らず、ずれたままであるかどうか、ということです。

また、腰椎分離症は椎骨棘突起というものが折れることで痛みが出ますが、すべり症の場合は椎骨がずれることが痛みの原因です。

靭帯組織や椎間板の劣化が原因で引き起こされるため、若年層よりも老年層に多く見られるのです。

脊柱管狭窄症とは

骨や関節、椎間板や靱帯などが厚くなることにより、脊柱管が狭くなり、神経を圧迫されると、血行が悪くなって痛みが出る病気です。

主な原因は加齢によるもので、坐骨神経痛を引き起こす病気としても知られています。

ストレッチがよくない理由

ストレッチで腰痛が改善するのは、原因が筋肉の歪みや凝りにあるからです。腰椎分離症やすべり症、脊柱管狭窄症は骨や関節が原因となって痛みを発症するタイプですから、いくらストレッチをしても効果が出ないのです。

また、ストレッチをしたことによって筋肉のバランスが崩れ、かえって腰痛を悪化させる原因にもなります。

やってはいけないストレッチ

腰を反ると痛みが出るタイプの人は、よくテレビやネットなどで見かける腰痛ストレッチはしないでください。特に、以下のストレッチは避けましょう。

太ももの後ろ側(ハムストリングス)のストレッチ


スポンサーリンク

引用:ストレッチで悪化する腰痛の原因とは?(http://karada-sem.com/2015/09/26/stretchyoutu/)

太ももの後ろ側を伸ばすストレッチは、腰痛ストレッチとしては定番です。しかし、このストレッチでは骨盤を後ろに引っ張る効果があるためNGです。

なぜなら、腰を反ると痛い人は、骨盤が前に歪んでいるからです。筋肉を伸ばしてほぐすことにより、骨盤がより一層前に歪んでしまい、症状が悪化します。

マッケンジーエクササイズ

引用:ストレッチで悪化する腰痛の原因とは?(http://karada-sem.com/2015/09/26/stretchyoutu/)

別名「赤ちゃんポーズ」とも呼ばれるこのストレッチもやめましょう。立ち姿勢の時、後ろに重心がかかっている人には有効ですが、骨盤が前に歪んでいる人は、腰を反るエクササイズにより、骨や関節に負荷がかかり、局所的な痛みが出る危険があります。

それだけでなく、お尻や足にしびれが出てしまうこともあるので、絶対にやらないようにしましょう。

ふくらはぎのストレッチ

引用:ストレッチで悪化する腰痛の原因とは?(http://karada-sem.com/2015/09/26/stretchyoutu/)

ふくらはぎを揉むのが体によいという情報を耳にしたことがあるかと思いますが、これも重心が前にずれているタイプの腰痛には逆効果です。

と言うのも、重心が前にあると、ふくらはぎは常に伸ばされていますよね。その筋肉をストレッチによってさらに伸ばしてしまうと、余計に重心が前にずれて、バランスを取るために腰の反りが強くなります。

そのため、かえって痛みが増してしまうというわけです。

ストレッチを始める前に、まずは自分の腰痛タイプを知ろう

ここまでお話してきましたが、何も腰痛ストレッチが悪い、ということではありません。

ただ、きちんと効果を出すためには、自分の腰痛がどちらのタイプなのか、きちんと見極める必要があるということです。

そのためにも、1度は病院などできちんと診てもらい、専門家の意見をもらうようにしましょう。テレビやネットの情報を過信して、自己判断で行うとかえって腰痛を悪化させることにもつながりますから、注意しましょうね。

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら

福辻式腰痛ストレッチは本当に効果はあるのか?



私の患者さんが「福辻式腰痛ストレッチ」を試してみたようです。

骨盤枕ダイエットなどで、色んな書籍を出版された方なので、結構有名な方です。

一体どのような結果になったのでしょうか?

⇒福辻式腰痛ストレッチを実際に2か月間やってみた私の体験記はこちら





最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる



スポンサーリンク