椎間板ヘルニアの治療法のひとつに「牽引」があります。

いろいろ調べると否定的な意見が多いようですが、実際はどうなのでしょうか?

まずは私が体験した「牽引療法」から…

【椎間板ヘルニア】かつては治療法の“花形”

牽引器なるものを利用して腰回りと脇の下を固定し、一定の力で引っ張るのが牽引です。

引っ張ったり休止したりをくり返します。

私が椎間板ヘルニアと診断された中学生の頃、治療といえば牽引でした。

腰回りを革の太いベルトのようなもので固定。

両脇にもリュックを背負うような感じにベルトを通します。

ベッドに横たわると、足先側からベルトとつながった錘が始動して腰を引っ張る、というものでした。

引っ張る→背骨の間が開く→飛び出したヘルニアが引っ込む…

素直な中学生だった私は、そんな単純なイメージをもちながら、数か月間、牽引を続けていました。

引用元:いんべ杉谷内科(http://www.inbesugitani.jp/moto/kotsuban2.jpg)

【椎間板ヘルニア】牽引は効いたか?

それで治ったかって?

いえいえ、よくわかりません。

でも、私はこの原始的な(笑)牽引がきらいではなかったのです。

背骨が伸びるって、けっこう気持ちがいい!

先生の手加減で締められる革のベルトのキュッとした感覚。

しびれがあった腰回りをマッサージされている感じがして、ほっと安らいだのです。

けれども治療が終われば元の木阿弥。

はっきりいって効いた気はしませんでした。

「牽引はあまり効かないけれど悪くはない」

そうインプットされてしまった私は、その後、社会人になってからもヘルニアが再発するたびに、整形外科に駆け込んでは牽引してもらっていました(トホホ)。

【椎間板ヘルニア】最近の牽引器事情

さて今日、牽引治療は一般的にあまり推奨されていないようです。

日本整形外科学会の見解でも、「腰痛に対する効果は認められるが、椎間板ヘルニアでは、牽引療法単独による治療効果について十分に示した研究はない」とのこと。

そうなんだ…( ̄▽ ̄;)!!ガーン

牽引がきらいではなかった私は、何だか裏切られたような気分。

それでも、数年前にまたヘルニアが再発したときには、自宅近くの新しい整骨院で久しぶりに牽引をしてもらったのです。

ビックリしました!!

牽引器がまったく違っていたから。

まるでジェットコースターに乗り込むときのように、パッドで脇や腰回りや足などが固定され、体が浮いたかのような状態で牽引が始まったのです。

これはこれで気持ちがいい。

でも、私はちょっとビビりました。

正直、こわかった…

立派な、多分、最新式の牽引器だと思いますが、セットされた後は加減が効かない。

古めかしい革のベルトは、先生の締め加減ひとつで、同じ錘の重さでも、引っ張られ方が違いました。

その微妙な手加減が私は好きだったのだと、しみじみ思ったのです。

治療器としては、かなり進化しているのだと思います。

引用元:西葛西南口整形外科医院(http://www.nishikasai-seikei.com/images/DSCF2473.jpg)

でも、椎間板ヘルニアの場合、牽引すると悪化するという声が少なくありません。

その辺の話はまた改めて…

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら



【デスクワークという地獄からの解放】

ヘルニアや腰痛でデスクワークをされている方はたくさんいますが、そんな方にとって、日々の仕事は地獄以外の何ものでもありません。

椅子に座ることは、骨盤に一番負担がかかる姿勢です。

この座る姿勢を矯正してくれて、腰への負担を軽減してくれると今話題の「アーユルチェア」を私の患者さん、20名に体験していただいて、感想を頂戴いたしました。

その結果はいかに・・・?

⇒ヘルニア腰痛に効果的なアーユルチェアを実際に使った感想はこちら



最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる