椎間板ヘルニアのときって、お尻、痛くないですか?

私はお尻の右側に痛みやしびれがありました。

どこが痛いとはっきり言えない。

けれども、いつもズーンという重だるくイヤな感覚がありました。

【椎間板ヘルニア】なぜお尻が痛いのか?

お尻の痛みやしびれの“犯人”は、坐骨神経痛です。

坐骨神経は、腰椎の4番、5番と仙骨の間から出て、お尻のなかから太ももを通って、ひざ裏まで走っています。

人間の体のなかで一番太い神経です。

さらにこの神経は、ひざ裏から足先に向けて2本の神経に分かれます。

腰椎で飛び出したヘルニアによって神経が圧迫されたり、傷ついて炎症が起きたりすると、痛みの信号が伝わり、お尻や足にも症状が出るのです。

ちなみに、私は第5腰椎と仙骨の間にヘルニアがあります(。・_・。)

詳しく調べてみると、ヘルニアがどこに出ているか(多くが、腰椎4番と5番の間か、5番と仙骨の間)によって、痛む部位に特徴があるそうです。

お尻の中心か、ほっぺたか、外側のほうか。

太ももの裏側か、前面か…など。

でも私は、どこもかしこも全部痛かった…(泣)

引用元:武庫之荘整体院(http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/014/041/39/N000/000/000/126354535404116231163_img106.jpg)

【椎間板ヘルニア】痛い場所がわからない

痛いところがあると、ふつうは自分で揉んだりしますよね。

痛いところは自分が一番よくわかるから。

でも、私の坐骨神経痛は、痛みのポイントがはっきりしませんでした。

「ここ!」という場所が見つからないのです。

どこを揉んでも、ちょっと違う気がしました。

全体を揉んでも、ピンポイントでギューとあちこち押してもダメ×。

痛みやしびれの場所が移動しちゃう。

神経痛だから、神経上のあらゆるポイントに痛みが出る可能性があるのかも…と思っていました。

引用元:K鍼灸接骨院(http://www.k-sinkyusekkotuin.com/img/%E7%94%BB%E5%83%8F15.jpg)

【椎間板ヘルニア】お尻の筋肉を緩める

「お尻が痛くて…」

と、鍼灸院で言うと、先生によくこう指摘されました。

「腰からお尻、ガチガチですよ」

アスリートの筋肉は触ると柔らかいそうです。

(触ったこと、ないけれど…)

私はもちろんアスリートではありませんが、そういう“よい筋肉”とは真逆の状態になっていました。

痛みが強いから、運動もストレッチも十分にできない。

歩くのにも体に力が入ってしまう。

人間の体を支えている腰からお尻一帯が、ひどく強張ったままになっていました。

その強張った筋肉のなかやそばを、神経が走っているわけです。

いわば、神経はそこでもギューッと圧迫されているようなもの。

鍼やマッサージなどで筋肉を緩めれば、痛みが軽減するはずだということでした。

ワラをもつかみたい気持ちだった私は、しばしば自分でも筋肉を緩めるイメージでマッサージしたものです。

ただそういうお尻の“コリ”は、かなり深いところにあるから、効かせることは難しかった。

「緩める」ことは正しかったと思いますが、お尻の痛みはかなり長く続きましたね。

引用元:サルビア整骨院(http://www.salvia-s.com/asset/salvia-seikotsu_27.JPG)

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら



【デスクワークという地獄からの解放】

ヘルニアや腰痛でデスクワークをされている方はたくさんいますが、そんな方にとって、日々の仕事は地獄以外の何ものでもありません。

椅子に座ることは、骨盤に一番負担がかかる姿勢です。

この座る姿勢を矯正してくれて、腰への負担を軽減してくれると今話題の「アーユルチェア」を私の患者さん、20名に体験していただいて、感想を頂戴いたしました。

その結果はいかに・・・?

⇒ヘルニア腰痛に効果的なアーユルチェアを実際に使った感想はこちら



最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる