私は、ここ何年間か車の運転をしていません。

ほぼペーパードライバー状態。

でもドライバー歴は長いんです。

かつては、月に1〜2回、実家に帰るために車に乗っていました。

坐骨神経痛で、少々痛みがあっても…

【椎間板ヘルニア】運転するときに気をつけたこと

坐骨神経痛の症状が重かったときは、運転どころではありませんでした。

どうしても…というときは、泣く泣くタクシーを利用。

座席に腰を下ろすのも、車から降りるのもやっとでした。

だから、痛みやしびれがあるときは、しなくてすむなら、運転はやめたほうがいいと思っています。

運転するときの姿勢って、腰に負担がかかりますよね。

“君子危うきに近寄らず”です(^_^)

と言っても、やむを得ず…というときもある。

調べてみると、いろいろアドバイスが見つかりました。

シートの角度を調整する。

背中をシートにしっかりつける。

お尻のところにすき間が空くようなら、クッションや座布団で調整する、などなど。

引用元:からだ回復センター優(http://kaifuku-yuu.com/nazokake/img/2013-0401-4.jpg)

 

確かに、私もシートに背中をぴったりくっつけていました。

どちらかというと、シートはあまり倒さなかった。

理屈はともかく、自分が一番らくに感じる姿勢を自然にとっていたわけです。

それも、休憩のたびに再確認。

少しシートを動かしたりしていました。

らくだと思っていても、同じ姿勢を続けていると、車を降りたあとが悲惨だったから。

腰が伸びなくなって、歩き方がおかしくなったこと、たびたびです…(T_T)

柔らかめのサポーターを着けていったときもありました。

あまり効き目はなかったけれど、予防のために。

私の場合、やっぱり、乗らないのに限りましたね。

【椎間板ヘルニア】ドライブ後のケアを念入りに

実家は自宅から100キロ少々。

途中、高速を利用します。

通常は2時間弱のところですが、週末は渋滞もしばしば。

無事に到着すると、ぐったりしたものでした。

でも疲れていても、そんなときこそ、入浴後のストレッチを念入りにやりました。

仰向けになって、体を丸めて少し揺らすだけでも、背骨や腰回りの筋肉へのマッサージになります。

できるなら、ゆっくり息を吐くのに合わせて、体を伸ばしたり、ひねったり…

こういうことって、始めるまでは面倒なものです。

「今日はさぼっちゃおう…」

アクマがしょっちゅうささやきます。

けれども、やっておくのとやらないのとでは、私の場合、天と地ほどの違いがありました。

翌日、また運転して帰るのだからなおさらのこと。

自宅に帰り着いた夜も、翌日からの1週間に備えて、またストレッチしました。

運転中はもちろんですが、あとのケアもお忘れなく——

長く坐骨神経痛と付き合ってきたからこそ、そう思っています(*^-^*)

引用元:ストレッチポール公式ブログ(http://stretchpole-blog.com/wp-content/uploads/2016/11/draw-in.jpg)

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら



【デスクワークという地獄からの解放】

ヘルニアや腰痛でデスクワークをされている方はたくさんいますが、そんな方にとって、日々の仕事は地獄以外の何ものでもありません。

椅子に座ることは、骨盤に一番負担がかかる姿勢です。

この座る姿勢を矯正してくれて、腰への負担を軽減してくれると今話題の「アーユルチェア」を私の患者さん、20名に体験していただいて、感想を頂戴いたしました。

その結果はいかに・・・?

⇒ヘルニア腰痛に効果的なアーユルチェアを実際に使った感想はこちら



最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる