椎間板ヘルニアになると、患部である腰のあたりからお尻や足などに強い痛みが出ます。

かく言う私もそんなヘルニアに悩まされたひとり。

1年半あまり、ひどい痛みやしびれと格闘しました。

辛かった……(泣)

こうした痛みを西洋医学では鎮痛剤やブロック注射などでコントロールします。

一方、東洋医学には「ツボ」への刺激で痛みを和らげようとする方法があります。

「中国4千年の歴史」ってスゴイ!

即効性はなかったけれど、ヘルニアとともに過ごした日々のなかで、私の支えであった「ツボ」についてお伝えしたいと思います。

【椎間板ヘルニア】ツボって何?

「ツボ」とは、一言でいうと人間の体にある特に大切なポイントです。

東洋医学では、人間が生きるために必要なエネルギーの通り道を経絡(けいらく)と呼び、その中継点に経穴(けいけつ)、すなわち「ツボ」があります。

体の痛みや不調の治療点であるツボは、全身に360以上あるとのこと。

民間療法だと思われがちですが、意外にも、WHO(世界保健機構)でもその治療効果が認められているのです。

引用元:医療フロンティア(http://img.allabout.co.jp/gm/article/433976/topimg_large.jpg?FM=rssaa_latest-treatment)

【椎間板ヘルニア】ツボの見つけ方

ツボの位置は、「○○のくぼみ」「○○から指幅2本分下」などというように、だいたいの目安が示されています。

といっても、目で見ただけではよくわからないもの。

人によってその位置もずれていることが多いようです。

私は、まずは、この辺かなと見当をつけた場所を自分で押してみます。

すると、

「イタイ!」

「ジーンとしびれる〜」

「重だるいなぁ」

「何だかイタ気持ちいいぞ!」

などと感じるポイントがあります。

コリコリしたしこりのようなものがあるときもあります。

そこが、よく効く「ツボ」でした。

【椎間板ヘルニア】「ツボ」が効いた!

ツボ療法は知名度こそ高いものの、かつて私はその効果には半信半疑。

本気でやってみたことはありませんでした。

しかし、ある夜のこと。

急に歯が痛くなり、頬が腫れてきて、痛みがどんどん、どんどん増してきたのです。

痛いし、困った、どうしよう…

そうだ! ツボを押してみようか…

ワラをもすがる思いで、一晩中、鎮痛効果の高いという「合谷(ごうこく:手の甲側で親指と人差し指の付け根のくぼみ)」という手のツボを押したり揉んだり…。

すると、ひととき、痛みがすうっと遠のく感覚があったのです。

「ツボって効くんだ!」と実感し、「ツボについてもっと知りたい」と思った経験でした。

引用元:DAYSE(http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/matome-img/matome_thumb/matome_20140911122657_541116815811b.png)

【椎間板ヘルニア】おススメNO1 いつでもどこでも簡単!「手」のツボ

腰痛なのに手のツボ?と疑問に思う方がいるかもしれません。

しかし、ツボはエネルギーの通り道である経絡上にあります。

患部から離れたツボを刺激しても、高い効果が得られるのです。

手にはたくさんのツボがあります。

そのなかでも、椎間板ヘルニアの腰痛におススメなのが、「腰腿点(ようたいてん)」と「脊柱点(せきちゅうてん)」です。

「腰腿点」は、2つあります。

ひとつは、手の甲側の人差し指と中指の付け根から手首に向かって、もう片方の手の指先で探っていくと、指が止まるところ。

ちょうど2つの骨のV字の谷に当たるところです。

もうひとつは、薬指と小指の付け根から手首に向かっていって、2つの骨のV字に当たるところです。

もう一方の手の指先を押し込むように刺激を与えてみましょう。

引用元:もみすた(http://www.momisuta.com/wp-content/uploads/d197e1ce21411026f1e2d1afd6d2d6ba.jpg)

 

「脊柱点」は、小指の外側にあります。

手首に向かっておろしていくと、小指の付け根のところで骨に当たる、そのすぐ下です。

外側からつまみあげるように揉んでみましょう。

引用元:ツボマスター(http://www.tsubomaster.com/drawable/tsubo_30.gif)

手のツボは、いつでもどこでも簡単に押したり揉んだりできます。

私は、テレビを見ながら、あるいは電車やバスの中で…など、手元が空くといつもこれらのツボをマッサージしていたものでした。

【椎間板ヘルニア】おススメNO2 痛みに効果大!「足」のツボ

座骨神経痛で足に痛みやしびれがあった私は、足のツボもよく揉みました。

私の場合、一番効果があって、痛みが少し軽減したのも足のツボでした。

お気に入りの一番は、「委中(いちゅう)」。

ひざの裏のほぼ中央にあります。

ひざのお皿の中心に向かって垂直に押すのがコツです。

何ともいえない鈍い痛みがあり、その感覚がちょっと病みつきに!

引用元:OurAge(http://ourage.jp/wp-content/uploads/2015/01/828972baf6a51b00c3006cb08bce66f3-e1422422950508.jpg)

 

足首の、「崑崙(こんろん)」と「照海(しょうかい)」も押しやすいツボです。

崑崙は、足首の外くるぶしとアキレス腱のほぼ中心にあり、照海は、内くるぶしの真下のくぼみです。

どちらも親指の腹で追しこむようにすると、やはり独特の圧痛があり、そのイタ気持ちよさがクセになりました(*^.^*)。


引用元:看護roo!(https://img.kango-roo.com/upload/images/mizumura/tsubo/tubo01_002konron.jpg)


引用元:看護roo!(https://img.kango-roo.com/upload/images/mizumura/tsubo/tubo01_004syokai.jpg)

【椎間板ヘルニア】おススメNO3 やっぱり「腰」には腰のツボ

腰が痛いときって、何気なく腰に手を当てて背中側を揉みほぐしたりするものですね。

そのあたりには腰の痛みによくツボがあります。

見つけやすいのが「腎愈(じんゆ)」です。

ウエストラインの背骨の中心から、指の幅2本分外側に進んだところで、左右2か所あります。

その腎愈からさらに指2本分外側に進んだところが「志室(ししつ)」です。

そして腎愈の下方、骨盤の高さで背骨の中心から左右に指2本分外側に進んだところにあるのが「大腸愈(だいちょうゆ)」です。

でも、背中側はピンポイントでツボを探すのが難しい。

私は、そのあたり全体を手のひらでさするようにマッサージしていました。

どうかツボに当たりますように!と念じながら…☆彡

引用元:シニアライフハック(http://senior-lifehack.com/wp-content/uploads/2016/08/youtsuu-naoshikata-tsubo2.gif)

【椎間板ヘルニア】耳のツボは特効薬!

鍼灸院に通っていたときのこと。

あまりに辛そうな私の姿に、鍼灸師が「耳のツボも試してみましょう」と一言。

「えっ、耳?」

「耳ツボといえばダイエットでしょ(?_?)」

ところが、専用の短い棒で、耳のあちこちを押されると、飛び上がるくらいに痛いポイントがあってびっくり!

耳は、手と同じように、小さい器官ながら数多くの重要なツボがあります。

痛みによく効くツボもあるのです。

自分でも太い編み棒でツボを見つけてみようとしましたが、危ないし、難しい。

(皆さんは危険なのでマネしないでくださいね)

そこで、時間があれば指先や爪の先で耳のあちこちを揉むことにしました。

体も温まるし、痛みにも少し効いたように思えて一石二鳥!

耳のツボにも大いに助けられました。

引用元:coco-kara(http://coco-kara.net/salon/images/jewelry/jewelry_koshi.jpg)

【椎間板ヘルニア】期待しすぎない、効くと信じる! ツボとのじょうずな付きあい方

「本当に椎間板ヘルニアの痛みにツボは効くの?」

そう聞かれたら、

「それはあなた次第」と私は答えたいと思います。

痛みやしびれがあると、心にも余裕がなくなります。

「ツボをこんなに押したり揉んだりしているのに全然効かないじゃない!」

と、気持ちがネガティブになればなるほど、効果は感じられなくなるものです。

期待しすぎないけれど、信じること。

私の場合、ひどい痛みとしびれに襲われていた数か月間、日常的に自分でできる治療があったということは希望につながりました。

画期的な効果はなかったけれど、じわじわと効いていたと確信しています。

手軽にできるツボ療法、あなたもぜひお試しください。(了)

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら



【デスクワークという地獄からの解放】

ヘルニアや腰痛でデスクワークをされている方はたくさんいますが、そんな方にとって、日々の仕事は地獄以外の何ものでもありません。

椅子に座ることは、骨盤に一番負担がかかる姿勢です。

この座る姿勢を矯正してくれて、腰への負担を軽減してくれると今話題の「アーユルチェア」を私の患者さん、20名に体験していただいて、感想を頂戴いたしました。

その結果はいかに・・・?

⇒ヘルニア腰痛に効果的なアーユルチェアを実際に使った感想はこちら



最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる