モコモコ

愛知県で整体師をしているモコです。今回はヘルニアで接骨院に通うと、保険は適用されるのか?について書いていきたいと思います。

いちどヘルニアを発症すると、整形外科や整骨院で何度も面倒を見てもらうことになります。

そうなると医療費が高くつかないか、心配になります。

整形外科の場合には、特殊な治療法をお願いしなければ、多くの場合健康保険が適用されますが、さて、整骨院ではどうなのでしょうか?

【ヘルニアと接骨院】整形外科と整骨院のちがいは?

xx

整形外科の先生・整形外科医は、ご存じのとおり、けがを扱う医師です。

整形外科医に限らず、医師になるには、まずは、大学の医学部に入学する必要があります。

卒業時に医師国家試験を受験し、合格して初めて医師になれます。

整骨院の先生は、医師ではありません。

正しくは「柔道整復師」といいます。

柔道整復師になるにも、まずは、専門学校や専門の学科がある大学に入学する必要があります。

そして、卒業時に柔道整復師国家試験を受験し、合格しなければなりません。

国家資格をもらって初めて「柔道整復師」を名乗って施術をすることができるようになります。

【ヘルニアと接骨院】整骨院で健康保険が適用される治療内容は?

v

先にあげたように、整形外科医と柔道整復師では持っている資格が異なりますので、治療範囲も異なってきます。

整形外科医は医療行為、つまり、医学に基づくけがや病気の診断・治療・予防などを行います。

一方、柔道整復師は、「負傷原因が急性または亜急性の外傷性の負傷」のみが健康保険を適用させることのできる範囲とされています。

さて、果たして整骨院の先生にヘルニアを診てもらった場合、保険適用されるでしょうか?

残念ながら、原則は「ノー」です。

事故などがきっかけでヘルニアになった場合は、外傷性の負傷とみなされ、応急処置に関してはOKになる場合もあります。

しかし、多くのヘルニアは、外からのショックなしで発症しますので、外傷性の負傷とみなされません。

【ヘルニアと接骨院】整骨院での自費治療という選択

ko

ヘルニアとひとことで言っても、整形外科の先生に診てもらえば比較的早期に回復するものから、整形外科に何年通ってもしびれや痛みが消えない、完治しないものまでさまざまあります。

整形外科では「医学に基づく」治療がなされますが、医学も決して万能ではありません。

実際、ヘルニアの症状に長年苦しんでいらっしゃる方は多くいらっしゃいます。

そういう場合には、整骨院での自費治療を検討してみることも有効な手段です。

整骨院でのヘルニア治療は健康保険の適用外ですが、整骨院の先生の中には、長年の経験や独自の経験に基づく独自の施術法を持っていらっしゃる先生もいます。

1回の施術料は整形外科での保険適用の診察より高くなりますが、数回の通院で劇的に症状が改善されることもあります。

整骨院での自費治療の方が、結果的にトータルでかかるお金が少なくなることもあります。

保険適用ができるかどうかもさることながら、自分に合った治療法をしてくれる整形外科や整骨院を見つけることも大事ですね。

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら



【デスクワークという地獄からの解放】

ヘルニアや腰痛でデスクワークをされている方はたくさんいますが、そんな方にとって、日々の仕事は地獄以外の何ものでもありません。

椅子に座ることは、骨盤に一番負担がかかる姿勢です。

この座る姿勢を矯正してくれて、腰への負担を軽減してくれると今話題の「アーユルチェア」を私の患者さん、20名に体験していただいて、感想を頂戴いたしました。

その結果はいかに・・・?

⇒ヘルニア腰痛に効果的なアーユルチェアを実際に使った感想はこちら



最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる