モコモコ

愛知県で整体師をしているモコです。今回は、坐骨神経痛と椎間板ヘルニアの違いにつて書いていきたいと思います。

お尻や脚が痛んだりしびれたりすると「それは坐骨神経痛だね」とか「ヘルニアじゃない?」と言われたりします。

どちらもよく聞くことばですが、その違いは意外に理解されていません。

ヘルニアと坐骨神経痛の違いについて、おさらいしてみましょう。

ヘルニアは椎間板が飛び出す病気

「腰椎椎間板ヘルニア」というのは病名です。

ヘルニアとは「飛び出した状態」を指す言葉ですので、腰椎と腰椎の間にある椎間板が飛び出してしまう病気、という意味になります。

「ヘルニア」

 

腰椎椎間板ヘルニアになると、周りの筋肉や神経を刺激することで、お尻から脚にかけてのしびれや痛みなど、様々な症状が生じます。

ちなみに、首で発生する頸椎椎間板ヘルニアという病気もあります。

腰椎椎間板ヘルニアと同じように、頸椎と頸椎の間の椎間板が飛び出してしまう病気です。

腕などにしびれや痛みが発生します。

坐骨神経痛は症状

「坐骨神経痛」というのは病名ではなく症状名です。

坐骨神経とは腰のあたりから脚の方に伸びている太くて長い神経です。

この坐骨神経が何かの原因で圧迫されるなどの刺激を受けると、お尻から太もも、ふくらはぎにかけての全体がしびれたり、激しい痛みとともに攣ったような状態になったりします。

このような状態が坐骨神経痛と呼ばれます。

坐骨神経痛を発生する病気は腰椎椎間板ヘルニアだけでなく、腰部脊柱管狭窄症や変形性腰椎症、腰椎分離症やすべり症、梨状筋症候群など様々です。

ストレスが原因で発生することもあります。

坐骨神経痛かな?と思ったら整形外科で診察を受けましょう

お尻や脚にしびれや痛みを感じるようになると、多くの方が「これはいったい何なんだろう?」と考え、まずはインターネットでいろいろ調べることでしょう。

インターネット上にはいろんな情報が落ちていますが、読めば読むほど「ヘルニアかもしれない」「いや、梨状筋症候群かもしれない」と不安な気持ちになるものです。

また、坐骨神経痛が慢性化してしまった方の体験談などには、何年にもわたって苦しんでいる様子が書かれていたりして、不安な気持ちはどんどん広がっていきます。

坐骨神経痛とひとことで言っても、原因はさまざま考えられますし、程度も軽症から重症までさまざまです。

まずは専門家である整形外科の先生に診断してもらって、ご自分の坐骨神経痛の原因と程度をきちんと把握しましょう。

また、お医者さんからは対処方法についても的確なアドバイスをくださいます。

間違った対処法をすると、かえって症状を悪化させることもあります。

そして、ご自身にあった治療法をしていきましょう。治療法は当サイトにもたくさん掲載していますのでご参考ください。

(整形外科のリハビリだけが治療法ではありません)

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら



【デスクワークという地獄からの解放】

ヘルニアや腰痛でデスクワークをされている方はたくさんいますが、そんな方にとって、日々の仕事は地獄以外の何ものでもありません。

椅子に座ることは、骨盤に一番負担がかかる姿勢です。

この座る姿勢を矯正してくれて、腰への負担を軽減してくれると今話題の「アーユルチェア」を私の患者さん、20名に体験していただいて、感想を頂戴いたしました。

その結果はいかに・・・?

⇒ヘルニア腰痛に効果的なアーユルチェアを実際に使った感想はこちら



最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる