モコモコ

愛知県で整体師をしているモコです。

腰痛とひとことで言っても原因はさまざまあります。

よく聞くのは、腰椎椎間板ヘルニアとぎっくり腰ですが、その違いはどこにあるのでしょうか?

また、共通するところはどこなのでしょうか?

腰椎椎間板ヘルニアは「軟骨が飛び出した状態」

「ヘルニア」とは、ドイツ語で「本来あるべきところから飛び出した状態」を指す言葉です。

つまり「腰椎椎間板が飛び出た状態」ということですね。

mh

 

 

腰椎椎間板は、腰椎の間に挟まった軟骨のような組織です。

その構造は、アンパンに例えるとわかりやすいです。

中のあんこにあたるのが「髄核」と呼ばれる組織で、柔らかくみずみずしい組織です。

外側のパンにあたるのが「線維輪」と呼ばれる組織で、コラーゲンでできた軟骨のような組織です。

椎間板の外側の線維輪が何らかの原因で壊され、中の髄核が飛び出した状態がヘルニアと言われます。

飛び出した髄核は、周りの筋肉からは「体内にあるべきものではない異質なもの」と認識されます。

これにより、ヘルニアの周りの筋肉では、激しい炎症反応が引き起こされます。

この炎症が、坐骨神経を刺激し、脚全体の筋肉を緊張させ、激痛に見舞われます。


スポンサーリンク

ぎっくり腰は「腰回りの筋肉の肉離れ」

「ぎっくり腰

ぎっくり腰は正式には「急性腰痛症」と呼ばれます。

ぎっくり腰は、重いものを持ち上げた時などに「グキッ」っとくることで発症します。

ときには、くしゃみやせきをした拍子でぎっくり腰を発症することもあります。

ぎっくり腰はどのようにして発症するのでしょうか?

腰回りには、脊柱起立筋という大きな筋肉があります。

上半身を支える大事な筋肉なのですが、この筋肉の線維がブチっと切れた状態、つまり肉離れを起こした状態がぎっくり腰です。

腰椎椎間板ヘルニアとぎっくり腰の違い

ここまでに示した通り、ヘルニアとぎっくり腰では損傷している場所が異なります。

ヘルニアは腰椎の椎間板の損傷ですが、ぎっくり腰は脊柱起立筋の損傷です。

また、治るまでにかかる時間にも違いがあります。

ヘルニアの場合は、激痛が治まるまでに2週間から1か月程度、場合によっては慢性的に痛みやしびれが続く場合もあります。

ぎっくり腰は、軽症なら2~3日で痛みが治まりますが、重症の場合には2週間以上かかる場合もあります。

共通点はどこでしょう?

まず、ヘルニアもぎっくり腰もどちらも、発症の原因が共通しています。

どちらも、腰回りに過度な負担がかかって発症するものです。

したがって、予防法も似たものとなります。

日ごろから姿勢を良くし、腰に負担がかからないようにすること、筋トレをして腰回りの筋肉を強化しておくこと、などが、どちらを予防するにも効果的です。

できることなら、ヘルニアもぎっくり腰も、どちらも発症したくないものです。腰を大事にして、予防に努めましょう。

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら

福辻式腰痛ストレッチは本当に効果はあるのか?



私の患者さんが「福辻式腰痛ストレッチ」を試してみたようです。

骨盤枕ダイエットなどで、色んな書籍を出版された方なので、結構有名な方です。

一体どのような結果になったのでしょうか?

⇒福辻式腰痛ストレッチを実際に2か月間やってみた私の体験記はこちら





最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる



スポンサーリンク