腰椎椎間板ヘルニアで、つらい痛みにて、ロキソニンが出ました。

急性期にはロキソニンは効果があると言われています。

副作用に注意!

薬

ですが、あまりロキソニンに頼り過ぎるのも良くありません。

ずっとロキソニンを飲み続けていると、胃腸にダメージがいきます。

胃潰瘍や、消化性潰瘍になるケースが多々見られます。

胃が痛いな、と思ったら胃腸科を受診してください。

また、体質によっては発疹が出たり、喘息を起こす可能性があります。

肝臓、腎臓の働きが悪くなることがあります。

定期的に血液検査を受けてください。

ロキソニンが効かなかったら?

昔は、ロキソニン、ボルタレンくらいしか飲み薬はありませんでした。

ですが、今は神経痛に効くリリカや、末梢神経から痛みを和らげるトラムセットが出てきました。

リリカやトラムセットの副作用は?

s
リリカの主な副作用は眠気、眼障害、体重増加などです。

食べ過ぎに注意が必要です。

腰椎椎間板ヘルニアの場合、運動制限がある可能性が高いです。

食事の量には気をつけましょう。
また、トラムセットでは吐き気、便秘、眠気、めまいなどです。

トラムセット服用中は車の運転は避けましょう。

それでも効かない場合、神経ブロックを試してみましょう。
ロキソニンをはじめ、薬物療法は、あくまでも対処療法でしかありません。

病気の根本を治すわけではないのです。

もう一歩踏み込んだ治療をしてみてはいかがでしょう。

注射だし怖いと思われる患者さんもいらっしゃるかもしれません。

よく考えてみてください。

四六時中痛いのなら、一瞬の痛みくらいは我慢してもいいのではないでしょうか。

それに、神経ブロックに使う針は、採血をする針よりもずっと細いものなのです。
神経ブロックが効かなく、激しい痛みが長期に渡って続く場合は、手術も視野に入れましょう。

薬の副作用に悩んだり、いつまでも効かない神経ブロックを続けているなら、手術に踏み切ったほうがいい例もあります。

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら



【デスクワークという地獄からの解放】

ヘルニアや腰痛でデスクワークをされている方はたくさんいますが、そんな方にとって、日々の仕事は地獄以外の何ものでもありません。

椅子に座ることは、骨盤に一番負担がかかる姿勢です。

この座る姿勢を矯正してくれて、腰への負担を軽減してくれると今話題の「アーユルチェア」を私の患者さん、20名に体験していただいて、感想を頂戴いたしました。

その結果はいかに・・・?

⇒ヘルニア腰痛に効果的なアーユルチェアを実際に使った感想はこちら



最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる