モコモコ

愛知県で整体師をしているモコです。今回は、椎間板ヘルニアになった時、整形外科ではどのような診察を受けるのか書いていきたいと思います。

 

脚やお尻に違和感を感じると、「何が原因なのかな・・・?」と不安になりますよね。

インターネットなどで調べると、「ヘルニア」というキーワードが引っかかるとますます不安になります。

整形外科に行って診てもらった方が良いのですが、いったいどんなことをされるのか、気になります。

整形外科ではどんな診察を受け、どんな治療をすることになるか、をまとめてみました。

【ヘルニアと整形外科】初診

「問診」

整形外科の先生は、患者さんの言葉から状態を診断をしていきます。

まず、お医者さんからの質問には、忠実に答えましょう。

どこが痛いか。

どのように痛いか。

自分なりの精一杯の表現でいいのです。

痛いのに「大丈夫です」と言ったりすると、正しい診断ができなくなってしまいます。

その結果、正しい治療を受けられなくなってしまいます。

結局、自分が損することになります。

問診や触診の結果から、ヘルニアかも、となると、腰椎のあたりをレントゲンで撮影されることになります。

ヘルニアだと、腰椎の間(椎間板)がつぶれているように写ります。

レントゲンでは椎間板は写らないので、椎間板が飛び出している様子は分かりません。

ヘルニアの疑いあり、と診断されると、「まずは、安静にしていなさい」と言い渡されます。

だいたい1週間分ほど、痛み止めが処方されます。

ごくまれにですが、脚にしびれがあったり、排尿・排便に支障があったりすると、いきなり入院・手術となることもあります。

【ヘルニアと整形外科】2回目以降の診察

「病院 イラスト

だいたい1~2週間に1度、通院することになります。

お医者さんの言う通りに安静にしていれば、1~2週間で快方に向かっていきます。

お医者さんから、痛みは和らいでいますか?等、質問されますので、ここでも忠実に答えます。

診察結果から、薬の内容が変わったり、必要に応じてブロック注射がされたりすることもあります。

痛みが引いてきたら、牽引治療が行われる場合もあります。

ただ、頻繁にお医者さんに通うことになるので、忙しい人の場合は牽引治療が選択されないこともあります。

数ヶ月以上、長期にわたって痛みが引かず、日常生活に大幅な支障をきたしているような場合には、手術が選択されることもあります。

【ヘルニアと整形外科】治療終了

多少の違和感が残りつつも、痛み止めなしで日常生活を送れるようになったら、整形外科での治療は終了となります。

再発防止のためのストレッチや筋トレの仕方を教えてくださいますので、あとは自分で取り組んでいくことになります。

回復が早いには、3~4回程度の通院で済みます。

もちろん、快方に向かっていたはずが、急に悪化し、また痛みがぶり返してきた場合には、整形外科の先生に再度診てもらうことになります。

いかがでしょうか?

ヘルニアは激痛を伴いますが、原則として命にかかわる病気ではありません。

そのため、ここで紹介したような自然治癒を前提とした治療方針(保存療法と呼ばれます)が取られることが多くなります。

なお、診察の仕方は先生によって、状態によって異なるところがあると思います。

ここで紹介した流れは、ひとつの例として、参考にとどめてください。

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら



【デスクワークという地獄からの解放】

ヘルニアや腰痛でデスクワークをされている方はたくさんいますが、そんな方にとって、日々の仕事は地獄以外の何ものでもありません。

椅子に座ることは、骨盤に一番負担がかかる姿勢です。

この座る姿勢を矯正してくれて、腰への負担を軽減してくれると今話題の「アーユルチェア」を私の患者さん、20名に体験していただいて、感想を頂戴いたしました。

その結果はいかに・・・?

⇒ヘルニア腰痛に効果的なアーユルチェアを実際に使った感想はこちら



最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる