モコモコ

愛知県で整体師をしているモコです。今回は、マラソンランナーの方がヘルニアに対して気を付けるべきことについて書いていきたいと思います。

健康のために、と思って、マラソンを始める方は多くいらっしゃいます。

しかし、マラソンのせいでヘルニアになってしまい、かえって健康を損ねてしまうケースもしばしば見かけます。

マラソンランナーがヘルニアになってしまったときには、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか?

また、ヘルニアを発症させないようにするには、どうすればよいのでしょうか?

マラソンはヘルニアになりやすいスポーツです

椎間板ヘルニア マラソン

マラソンは腰に大きな負担がかかるスポーツです。

着地のたびに上半身の体重が腰にズシッ、ズシッとかかっていきます。

特に後半、疲れてくると、体幹部の筋肉が疲れてしまって、上半身を支えることができなくなってしまいます。

筋肉がさぼった分は、腰椎が頑張ることになり、負担が増します。

これを何年も続けていると、最終的に椎間板がつぶれてしまい、ヘルニアになってしまいます。

ヘルニアになってしまっても復帰は可能です!

マラソン愛好家の方がヘルニアを発症してしまうと、「もう走れないのかな?」と不安な気持ちになることでしょう。

しかし、あきらめることはありません。

体幹部を中心に、太もも、ふくらはぎなどの筋力をUPするとともに、柔軟性を引き上げることで、復帰は可能です。

復帰できたら、フォームの改善にも努めましょう。

背骨・腰椎・脚をつないだ線が地面に対して垂直になるようなフォームが最も腰に負担がかからないフォームになります。

また、着地の仕方を改善するために、シューズも見直すと良いです。

まずはクッション性の高いシューズを選ぶことです。

着地の仕方を矯正するソールを入れるのも良いことです。

理想的な着地の仕方は、足の親指・小指・かかとの3点が均等に地面につく、足の裏を広く使うことなのですが、これが自然にできる方は案外少ないです。

足の親指または小指が浮いてしまうようであれば、ソールを入れて矯正することで、足腰にかかる負担を減らせます。

以上に示したことは、ヘルニアになってしまう前から気を付けておくことでもあり、ヘルニアの予防にもつながります。

ヘルニアにならない走り方に変えてみませんか?

椎間板ヘルニア マラソン 走り方

ヘルニアを発症あるいは再発させないためにも、身体にかかる負担を最小にする走り方を身につけましょう。

効率の良い走り方をすれば、故障防止だけでなく、疲れにくくなりますので、タイム改善にもつながります。

または、アスリートの方でなければ、タイムにこだわることを捨て、過酷なトレーニングをしない、というのも1つの解決策です。

健康のため、という当初の目的に立ち返り、タイムを気にせず、走ることそのものを楽しむスタイルに変えるのもいいですよ。

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら



【デスクワークという地獄からの解放】

ヘルニアや腰痛でデスクワークをされている方はたくさんいますが、そんな方にとって、日々の仕事は地獄以外の何ものでもありません。

椅子に座ることは、骨盤に一番負担がかかる姿勢です。

この座る姿勢を矯正してくれて、腰への負担を軽減してくれると今話題の「アーユルチェア」を私の患者さん、20名に体験していただいて、感想を頂戴いたしました。

その結果はいかに・・・?

⇒ヘルニア腰痛に効果的なアーユルチェアを実際に使った感想はこちら



最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる