モコモコ

愛知県で整体師をしているモコです。今回は、ヘルニアと炎症の関係について書いていきたいと思います。

ヘルニアの痛みの原因は、飛び出した椎間板が神経を圧迫するから、と思われている方がたくさんいらっしゃいます。

実はそうではなく、ヘルニアで飛び出した椎間板が周りの筋肉などを損傷し、その結果発生する炎症反応によって激しい痛みが引き起こされています。

ヘルニアと炎症の関係

人間の身体はおびただしい数の細胞でできています。

細胞が傷つくとそれを修復しようとします。

このとき、傷ついた細胞の周りが熱を持ちます。

炎症反応が起こっていることを神経細胞が察知すると、脳に痛みを感じる信号が送られます。

傷ついた部分の修復に専念できるよう、身体を動かせないようにするためです。

ヘルニアの場合、椎間板が飛び出す際に、周りの細胞を損傷し、そこで炎症が起こります。

この炎症反応は、体内でも最も太い神経1つである坐骨神経の近くで起こりますので、痛みも強烈なものとなるのです。

炎症が起こったらどうやって抑えればいいの?

「リラックス体操

まずは何より安静にすることです。

痛みとは、「身体を動かしてはいけないよ」という、身体から発信されるサインのようなものです。

そのサインに素直に従うのが一番です。

学校や会社は休み、自宅でじっと耐えるのが一番です。

しかし、ヘルニアの場合には「あまりに痛みが強すぎて、安静になんてしていられないよ!」という状態にまでなることがあります。

その場合には、炎症反応が強すぎるので、氷水や保冷材などで患部を冷やすことで炎症を抑えると良いです。

触って熱を持っているところや、軽く触るだけで痛いところを冷やします。

お医者さんから消炎鎮痛剤を処方してもらうのも有効です。

消炎鎮痛剤には、ロキソニンやボルタレンなどがあります。

消炎鎮痛剤でも効かない場合には、ブロック注射が選択されます。

ブロック注射の成分の中には、麻酔薬のほか、抗炎症剤なども含まれています。

経口摂取ではなく、幹部に直接抗炎症剤を注入するので、効果は高いです。

むやみに炎症を抑えればいい、というものではありません

3

炎症反応は、損傷した細胞を復旧する作業の際に発生するものです。

炎症を抑える、ということは、復旧するために必要な栄養素などが大量に運ばれてきて、一生懸命修復しているところを少しペースダウンさせる、というものです。

むやみに炎症を抑えると、今度は回復に時間がかかってしまうことになります。

また、消炎鎮痛剤は、長期間継続して服用すると、効果がなくなってくるものです。

我慢できる程度であれば、ストレッチやマッサージ、患部を温めるなどして、血行を良くし、損傷個所を早く復旧させるようにした方が良いです。

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら



【デスクワークという地獄からの解放】

ヘルニアや腰痛でデスクワークをされている方はたくさんいますが、そんな方にとって、日々の仕事は地獄以外の何ものでもありません。

椅子に座ることは、骨盤に一番負担がかかる姿勢です。

この座る姿勢を矯正してくれて、腰への負担を軽減してくれると今話題の「アーユルチェア」を私の患者さん、20名に体験していただいて、感想を頂戴いたしました。

その結果はいかに・・・?

⇒ヘルニア腰痛に効果的なアーユルチェアを実際に使った感想はこちら



最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる