モコモコ

愛知県で整体師をしているモコです。今回は、ヘルニアになりやすい年齢について書いていきたいと思います。

腰痛を抱えるようになると「歳のせいかな?」と思われる方が多くいらっしゃいます。

実際、腰痛を訴える方は10代、20代、30代と年代が上がるにつれ、多くなります。

ヘルニアはどうなのでしょう?

【ヘルニアと年齢】意外?ヘルニアは若い人がかかる病気

ヘルニアの患者さんの年代別の比率をみると、最も多いのは20代で35%、30代で27%、40代で20%です。

大半が20代~40代で占められていますね。

その他の年代ではスポーツをする10代の方にもヘルニアに苦しめられている方がいらっしゃいます。

逆に50代、60代になるとヘルニアの患者さんは減ります。

60代の方は全体の1~2%とされています。

【ヘルニアと年齢】年代ごとにヘルニアの症状も違います

%e8%86%a8%e9%9a%86%e5%9e%8b%e3%83%98%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%82%a2-google-%e6%a4%9c%e7%b4%a2

10代~20代の方のヘルニアは、椎間板の中の髄核が飛び出す「脱出型ヘルニア」が多くみられます。

 

スポーツなどで腰椎に過剰な負担がかかり発症するケースが多いです。

若くみずみずしい椎間板ですので、飛び出す髄核の量が多く、激しい痛みを伴います。

しかし、髄核は柔らかい組織であり、白血球に吸収されやすいため、安静にしていれば数か月で症状が治まる傾向にあります。

30代以上の方のヘルニアは、椎間板の外側の線維輪が膨らみ、神経を圧迫する「膨隆型ヘルニア」が多くみられます。

椎間板が加齢により硬くもろくなる上、腰回りの筋力が徐々に衰えることで椎間板が徐々につぶれ、膨らんでいきます。

姿勢の悪さやストレスなど、腰に良くない生活習慣の積み重ねも影響します。

膨隆型は脱出型に比べ、吸収されにくく、長引くケースが見られます。

【ヘルニアと年齢】高齢の方に多い「脊柱管狭窄症」

%e8%84%8a%e6%9f%b1%e7%ae%a1%e7%8b%ad%e7%aa%84%e7%97%87

50代以上の方にヘルニアが少ないのは、椎間板が固く小さくなってしまい、飛び出さなくなってしまうためです。

その代り、脊柱管狭窄症という病気になりやすくなります。

脊柱管とは、腰椎に沿うように走っている神経の管です。

加齢により、椎間板が小さくなるうえ、腰回りの筋肉も衰えることで、腰椎に沿っている脊柱管も変形します。

脊柱管がつぶれたような形になると、中を通っている神経が刺激されます。

この刺激により、坐骨神経痛の諸症状が現れます。

このように、ヘルニアと脊柱管狭窄症では、発症のメカニズムは違います。

また、ヘルニアの場合は前かがみの姿勢がよくありませんが、脊柱管狭窄症の場合は背中をそらせる方がつらくなる、といった違いもあります。

しかし、どちらも神経が刺激されることでお尻や脚に痛みやしびれが生じます。

どちらの場合も、腰回りの筋力をつけ、柔軟性を高めることが対策になります。

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら



【デスクワークという地獄からの解放】

ヘルニアや腰痛でデスクワークをされている方はたくさんいますが、そんな方にとって、日々の仕事は地獄以外の何ものでもありません。

椅子に座ることは、骨盤に一番負担がかかる姿勢です。

この座る姿勢を矯正してくれて、腰への負担を軽減してくれると今話題の「アーユルチェア」を私の患者さん、20名に体験していただいて、感想を頂戴いたしました。

その結果はいかに・・・?

⇒ヘルニア腰痛に効果的なアーユルチェアを実際に使った感想はこちら



最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる