日本最南端である九州、この九州にも数々の椎間板ヘルニアの手術で著名な医師の方々がいます。

またそんな名医を頼り、わざわざ関東の方から手術を受けにくる患者もいるそうです。

そんな九州で評判の名医の方々を今回は掲載していきたいと思います。

吉兼浩一医師

現在は北九州市立医療センター整形外科部長、受診の際に予約は不要とのことですが、紹介状が必要になります。

経皮的内視鏡視下椎間板ヘルニア摘出術(PED法)の第一人者として有名であり、同じくこのPED法を西日本の医療機関で初めて実践し広めた医師としてもとても有名。

内視鏡を用いた脊椎手術の執刀実績は1300例以上を誇り、日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医等の、この専門分野での認定を幾つも獲得しています。

いかに小さい傷口で、他の骨や神経を傷つけずに安全な手術を行うかを常に考え、最新設備での内視鏡中の神経モニタリングも行いながらの執刀を行うそう。

メディア等への露出はそこまで見られないようですが、高い技術がインターネットや口コミで広まり、手術を希望する患者からの人気がとても高い方のようです。

小西宏昭医師

現在、長崎労災病院にて労災疾病研究室長/勤労者脊椎・腰椎センター部長を務める。

吉兼医師とほぼ同率で、九州の名医を探すと間違いなく挙げられるのがこの小西医師の名前です。

ヘルニアや脊椎関連の手術の執刀例は、年間380例にも及ぶ実績共に著名な医師。

認定医の資格も持ち手術の実績もさることながら、その治療方針は「患者と共に考えていくオーダーメイド」というもの。

手術が必要か、普段の生活の改善点や患者目線での不安にも寄り添いサポートしていく方針がまた人気のようです。

宮口文宏医師

鹿児島県にある今給黎総合病院の整形外科・リハビリテーション科の主任部長。

内視鏡ヘルニア摘出術の中でも、MED法という手術法を得意とする名医。

手術法としては先に何度も名前の出ているPED法も局所麻酔によって近年取り入れ、実績をあげているようです。

診察に重きを置き、手術の必要ない患者に対してはなるべく他のリハビリテーション等を用いて身体への負担を少なくし軽減させていく方法を優先していく方針だそうです。

高齢者への手術対応も行い、なおかつ外科全体で最善の治療方法を患者と共に考え治療にあたっていくというその姿勢が、幅広い年齢の患者からの人気を集めているようです。

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら



【デスクワークという地獄からの解放】

ヘルニアや腰痛でデスクワークをされている方はたくさんいますが、そんな方にとって、日々の仕事は地獄以外の何ものでもありません。

椅子に座ることは、骨盤に一番負担がかかる姿勢です。

この座る姿勢を矯正してくれて、腰への負担を軽減してくれると今話題の「アーユルチェア」を私の患者さん、20名に体験していただいて、感想を頂戴いたしました。

その結果はいかに・・・?

⇒ヘルニア腰痛に効果的なアーユルチェアを実際に使った感想はこちら



最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる