モコモコ

関西の中でも特に大きな都市である大阪、東京や名古屋と合わせ、圧倒的に病院の数も多い場所です。

今回はその大阪で話題の、椎間板ヘルニアの治療にあたる名医をご紹介していこうと思います。

伊東信久医師

現在、伊東くりにっく医院長を務める。

大阪で話題になっているのがPLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)を治療法のメインとしたこの伊東くりにっく。

伊東医師は実績はもちろん数々のメディアにも出演し、著名人の主治医をつとめた事でも話題となっているようです。

傷口も最小限で済み、80%以上の患者様がヘルニアが改善したとの声もあり、日帰り退院も可能でダメージも少ないこの治療法には注目が集まっているようです。

診察や治療は完全予約制となっています。

冨士武史医師

旧大阪厚生年金病院(現大阪病院)副医院長、整形外科に在籍。

脊柱外科クリニックのある大阪厚生病院でMED法をはじめとする内視鏡下での手術を行い、全体での手術件数も700件以上、その中でも話題の名医がこの冨士医師です。

数々の整形外科に関する資格や指導医の資格も持ち、脊椎外科腰椎すべり症・頚椎外科の分野が専門だそうです。

基本的に手術での治療がメインとなる病院の方針があり、初診には紹介状が必要となるようです。

手術が中心となるとはいえ、初心には時間をかけ、メスを入れるリスクも説明した上での治療方針を相談していく体制も、手術に不安を抱える患者側からすると安心できるようです。

島田医院

名医情報とは少し離れますが、大阪の中でも最も椎間板ヘルニアの治療で名高いと言われているのがこの島田医院、有名なスポーツ選手も治療に足を運ぶそうです。

メインで行われているのは内視鏡下によるMED法で、執刀歴が1000件を超える在籍医師が担当するとのこと。

スポーツ医学からの知識も多く取り入れ、また競技復帰だけではなくお年寄りから若い一般の方まで幅広く治療法を選択しながら取り組むインフォームド・チョイスのスタンスをとっているようです。

リハビリテーション部という専門の施設もあり、手術や保存療法のアフターサポートも万全の体制を整えているようです。

主にスポーツ系の受診が多そうだという印象は受けましたが、特化した施設や治療法は安心して頼れる、頼りやすい医院ではないかと感じました。

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら



【デスクワークという地獄からの解放】

ヘルニアや腰痛でデスクワークをされている方はたくさんいますが、そんな方にとって、日々の仕事は地獄以外の何ものでもありません。

椅子に座ることは、骨盤に一番負担がかかる姿勢です。

この座る姿勢を矯正してくれて、腰への負担を軽減してくれると今話題の「アーユルチェア」を私の患者さん、20名に体験していただいて、感想を頂戴いたしました。

その結果はいかに・・・?

⇒ヘルニア腰痛に効果的なアーユルチェアを実際に使った感想はこちら



最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる