モコモコ

こんにちは。愛知県で整体師をしているモコです。今日は会社で仕事中にできる、簡単ストレッチをご紹介します。

腰痛は、日常的に姿勢が悪かったり、仕事やスポーツなどで同じ姿勢をとり続けたりすることによって引き起こされます。同じ姿勢をとり続けると、血流が悪くなり、筋肉が凝り固まってしまいます。そのため、腰痛が起こるというわけですね。

腰痛の嫌なところは、痛みの元であるトリガーポイントだけでなく、その周辺にも痛みが出るという点ですよね。トリガーポイントの周りに出る痛みは、血行をよくすることで改善されますから、凝り固まった筋肉をほぐすことは非常に大切になってきます。

では、会社でもできる簡単なストレッチについて、ご紹介してきましょう。

ハムストリングスのストレッチ

まずは、太ももの裏側にある、ハムストリングスを伸ばすストレッチです。

引用:3分でOK!オフィスで腰痛解消ストレッチ(https://touch.allabout.co.jp/gm/gc/195448/all/)

  1. イスに浅く座り片膝を伸ばします
  2. 伸ばした方の足に両手を沿わせ、ゆっくりと体を倒していきましょう
  3. ももの裏に伸びを感じたら、痛くなる直前の位置で止めます。そのまま30秒キープしましょう。終わったら、反対側も同様に伸ばしていきます。

臀部のストレッチ

今度は臀部(おしり)のストレッチです。

引用:3分でOK!オフィスで腰痛解消ストレッチ(https://touch.allabout.co.jp/gm/gc/195448/all/)

  1. イスに浅く座り、片方の膝に反対の踵を乗せます
  2. 床についている側の足の膝裏を両手で持ち、上体を前に引きつけていきます。
  3. おしりが伸びているのを感じたら、そのままの姿勢で30秒キープしましょう。片方が終わったら、反対側も同様に行います。

腰のストレッチ

引用:3分でOK!オフィスで腰痛解消ストレッチ(https://touch.allabout.co.jp/gm/gc/195448/all/)

  1. 両足を肩幅に広げ、イスに座ります。そのまま、上体を右に捻りましょう。
  2. 左手で右ももの外側を持ち、さらに右側へ捻っていきます。この時、足が内側に入ってしまわないように注意しましょう。
  3. 左側の腰回りが伸びるのを感じたら、その状態で30秒キープします。これを、反対側も行いましょう。

3分ほどあればできるストレッチですから、ぜひやってみてくださいね。

オフィスでできる簡単ストレッチ

こちらもイスに座って簡単に行えるストレッチです。イスに軽く腰かけて背筋を伸ばし、両手を頭の後ろで組み、肘が顔の真横に来るのが基本の姿勢ですので、意識して行ってみてください。

引用:デスクワークの方必見!腰痛が驚くほど軽くなる3分でできる腰痛解消ストレッチ(http://zi-gen.com/desk-work-lumbago-2169)

前後のストレッチ


スポンサーリンク

引用:デスクワークの方必見!腰痛が驚くほど軽くなる3分でできる腰痛解消ストレッチ(http://zi-gen.com/desk-work-lumbago-2169)

  1. 基本の姿勢から、息を吐きながら背中を丸めていきましょう。おへそをのぞき込むようにすることがポイントです。
  2. 次に、再び息を吐きながら、今度は後ろへ背中を反らしていきます。胸を開くイメージで行います。

左右のストレッチ

引用:デスクワークの方必見!腰痛が驚くほど軽くなる3分でできる腰痛解消ストレッチ(http://zi-gen.com/desk-work-lumbago-2169)

  1. 基本姿勢から、息を吐きながら体を右側に倒します。左側の側面が伸びているように感じられれば、正しいフォームでストレッチできているということですよ。
  2. 次に、息を吐きながら、今度は左側に体を倒していきます。今度は、右側が伸びる感覚があればOKです。

回転させるストレッチ

引用:デスクワークの方必見!腰痛が驚くほど軽くなる3分でできる腰痛解消ストレッチ(http://zi-gen.com/desk-work-lumbago-2169)

  1. 基本姿勢から、息を吐きながら体を右側にねじります。後ろを見るようなつもりで行うとねじりやすいですよ。
  2. 今度は、左側にねじりながら息を吐いていきましょう。無理のない範囲でねじりを効かせてくださいね。

このストレッチは立った状態で行うとより効果が出やすいため、できれば立って行ってみてください。やればやるほど効果のでるストレッチですから、体が固まってきたと感じたら、こまめにやるようにしましょう。

いかがでしょうか?これなら、オフィスにあるイスやちょっとした空間を使って、簡単にストレッチができますよね。特に座り放しの仕事は凝り固まりやすいですから、隙間時間でコツコツ続けていくとよいですね。

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら

福辻式腰痛ストレッチは本当に効果はあるのか?



私の患者さんが「福辻式腰痛ストレッチ」を試してみたようです。

骨盤枕ダイエットなどで、色んな書籍を出版された方なので、結構有名な方です。

一体どのような結果になったのでしょうか?

⇒福辻式腰痛ストレッチを実際に2か月間やってみた私の体験記はこちら





最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる



スポンサーリンク