モコモコ

こんにちは!愛知県で整体師をしているモコです。

今回は腰椎椎間板ヘルニアの手術と術後に最適な体操について書いていこうと思います。

【ヘルニア体操】ヘルニアの手術を考えるとき

腰の痛みに伴って、臀部や太もも、足が痺れるのが腰椎椎間板ヘルニアの典型的な症状です。

痛み止めなどの消炎剤や鎮痛剤の服用、理学療法のリハビリなどが一般的な保存療法といわれています。

日常的に強い痛みと痺れがある場合、神経ブロック注射を行います。

さらに、日常生活に支障をきたすほどの激しい痛みや痺れがある場合は、手術を行うことがあります。

腰椎椎間板ヘルニアの治療の基本は、保存療法ですが、生活をしていく上で日常的に困るようであれば手術を考えます。

ヘルニアの手術が必要と考える症状

・足に強い痛みや痺れが出ている

・膀胱直腸障害(排尿や排便の障害)がある

・下肢の筋力低下が著しく歩行障害や歩行困難がある

・自力で起床できない

・保存療法を3ヶ月以上行っても症状が改善しない

・早期に疼痛を軽減し、社会復帰を希望する

患者さんの中には、痛みと痺れが半年以上続き、ブロック注射の効果もなく、歩行困難になったので手術を選択された方もいらっしゃいます。

【ヘルニア体操】どのようなヘルニア手術があるのか

腰椎椎間板ヘルニア手術についていくつか紹介します。

1:内視鏡下腰椎椎間板摘出術

内視鏡下で椎間板ヘルニアを摘出する手術です。

傷口は約20mm弱で、5日から1週間程度の入院が必要です。

2:経皮的内視鏡下腰椎椎間板摘出術

直径6mmの微小内視鏡下で、椎間板ヘルニアを摘出する手術です。

筋肉の剥離が従来の手術方法より少なく、傷口が小さいため、入院が3日程度と短くて済みます。

3:経皮的レーザー椎間板減圧術

椎間板の中央に針を刺し、その中を通してガラス繊維を入れ、先端からレーザー光線を照射して椎間板の中央部を焼灼し、神経を圧迫しているヘルニアの内圧を下げる手術です。

引用元:あいち腰痛オペクリニック(http://www.itoortho.jp/about/ope/img/index_pict001.jpg)

腰の状態によりますので、担当医とよく相談して決めましょう。

切開部分がより小さくて済む方法は、入院日数が少なく、早期社会復帰が可能です。

【ヘルニア体操】術後の良い状態を保つための体操

私の患者さんは「内視鏡下腰椎椎間板摘出術」を受けられたのですが、術後は腰痛も痺れも消失し、歩行できるようになりました。

術後の良い状態を維持するためにも、毎日欠かさず2つの体操することをお勧めします。

体操のやり方

体重の重さで沈まない畳や床、ヨガマットなどの平らな上に仰向けになります。

床から浮いた腰の部分を、床につけるように押します。

15回を1セットで5分とし、1日少なくても3セット、15分ほど続けます。

引用元:白鷹堂鍼灸院(http://www7a.biglobe.ne.jp/~hakuyoudou/yoututaiso.gif)

体操のやり方

両手で両足を抱え込んだ姿勢を維持します。

この時、腰からお尻の部分が床から浮き上がらないようにしましょう。

姿勢が維持できたら手を離し、膝を90度に曲げて、足先を同じ高さの椅子などの上に置いて姿勢を維持したまま20分ほど過ごします。

ただし、腰に違和感が生じた場合は速やかに中止してください。

引用元:腰痛に負けない体.com(http://youtuu.kamera-life.com/yo/kuuu.jpg)

2つの体操を毎日続けることで、ゆっくりと筋力が鍛えられ、ヘルニアの再発を防ぐことが可能です。

手術したからもう大丈夫と思わずに、腰痛予防を意識した日々を過ごすことが大切です。

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら



【デスクワークという地獄からの解放】

ヘルニアや腰痛でデスクワークをされている方はたくさんいますが、そんな方にとって、日々の仕事は地獄以外の何ものでもありません。

椅子に座ることは、骨盤に一番負担がかかる姿勢です。

この座る姿勢を矯正してくれて、腰への負担を軽減してくれると今話題の「アーユルチェア」を私の患者さん、20名に体験していただいて、感想を頂戴いたしました。

その結果はいかに・・・?

⇒ヘルニア腰痛に効果的なアーユルチェアを実際に使った感想はこちら



最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる