モコモコ

こんにちは!愛知県で整体師をしているモコです。

今回は、ヘルニアの治療をしながら運動はできるのかについて書いていこうと思います。

【ヘルニア治療】激しく痛むときは運動してはいけません!

スポーツに熱心に取り組まれている方の中には、ヘルニアに悩まされている方が多くいます。

ヘルニアは治したいけど、治している間、運動を休むことになると、力が衰えるのではないかと心配になられるのも理解できます。

痛みのために思うように身体が動かせないような状態のときには、運動は控えましょう。

運動を続けて技量を上げるよりも、ヘルニアの治療の方が先です。

そのような状態で運動を続けても、技量は上がらないどころか、ヘルニアもますますひどくなっていく一方で、いいことは一つもありません。

プロスポーツ選手や、学生でも一流選手として活躍されている方の中には、痛み止めを打ちながら運動を続ける方は確かにいらっしゃいます。

そのような選手は、一戦一戦に人生をかけて取り組んでいるような方たちですので、運動するなと言っても聞き入れてくれないものです。

本当は、そのような方たちであっても運動を控えてもらいたいものですが・・・。

引用元:けんこうカイロプラクティックセンター(https://www.kenkou.info/swfu/d/auto-j9m4gd.jpg)

【ヘルニア治療】痛まない範囲でインナーマッスルを鍛える体操やストレッチを

スポーツ選手がヘルニアになる理由は、過度な負担が腰椎にかかるためです。

腰椎への負担を軽くするには、腰椎の周りの筋肉を鍛え、柔軟性を高め、腰椎だけでなく筋肉でも荷重を受けられるようにすることです。

腰椎回りの筋肉というと、腹筋や背筋が挙げられますが、特に鍛えるべきはインナーマッスルと呼ばれる体の深いところにある筋肉群です。

上半身と下半身をつなぐ大腰筋と呼ばれる筋肉や、股関節周りの中殿筋や梨状筋といった筋肉がインナーマッスルに相当します。

さまざまなトレーニング方法がありますので、痛みを強く感じないものを探して試してみるといいですよ。

引用元:箱嶌医針堂(https://livedoor.blogimg.jp/hakoshima/imgs/a/d/ad81ebe0.jpg)

【ヘルニア治療】技量を高め、成績を挙げたいなら、ヘルニアの克服が先決

今や世界的な活躍をなさっているサッカーの長友選手も、ヘルニアに悩まされていたころがありました。

その当時は練習もままならず、選手としての道をあきらめかけていたこともあったそうです。

引用元:athlete-fan.com(https://athlete-fan.com/wp1/wp-content/uploads/2016/03/img171.jpg)

痛みをこらえながら運動を続けても、いいことはありません。

まずはヘルニアを克服し、運動しても痛まない状態にします。

次に、ハードな運動に耐えられるような身体づくりをします。

そのうえで、技量を高めるためのハードなトレーニングを行います。

遠回りなようですが、焦らずじっくり身体づくりとトレーニングを重ねられる忍耐力も一流選手になるための条件の1つですよ。

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら



【デスクワークという地獄からの解放】

ヘルニアや腰痛でデスクワークをされている方はたくさんいますが、そんな方にとって、日々の仕事は地獄以外の何ものでもありません。

椅子に座ることは、骨盤に一番負担がかかる姿勢です。

この座る姿勢を矯正してくれて、腰への負担を軽減してくれると今話題の「アーユルチェア」を私の患者さん、20名に体験していただいて、感想を頂戴いたしました。

その結果はいかに・・・?

⇒ヘルニア腰痛に効果的なアーユルチェアを実際に使った感想はこちら



最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる