モコモコ

こんにちは。愛知県で整体師をしているモコです。今回は、オフィスでできる腰痛ストレッチについてご紹介します。

どうしても、デスクワークなどで1日中座りっぱなしでいると、筋肉が凝り固まってしまいますよね。眼の疲れや肩こりなど、凝りで悩んでいる人は少なくありません。

中でも腰は体の中心ですから、腰痛になってしまうと何をするにもしんどいですよね。

これからご紹介するストレッチは、オフィスで簡単に行えるので、空き時間にサクッとできるのがうれしいところです。

ぜひ、定期的にストレッチして腰回りをほぐしていきましょう。

空き時間を有効に

座りっぱなしとは言え、作業の合間の時間などは空いていますから、ストレッチをするには十分です。

パソコンから離れて眼を休ませるためにも、空き時間を利用して腰痛ストレッチを行いましょう。

椅子を使ったストレッチ

引用:【腰痛ストレッチ】ー腰痛体操とストレッチ(https://www.youtsuufirmly.com/taisaku/stretch.html)

1.まず、椅子に腰掛け、膝の上に手をおきます。そのまま、ゆっくりと息を吐きながら上体を前に倒していきましょう。

2.無理のない範囲まで倒したら、その姿勢のまま5秒キープします。

3.姿勢を元に戻します。

足を組んで行うストレッチ

引用:【腰痛ストレッチ】ー腰痛体操とストレッチ(https://www.youtsuufirmly.com/taisaku/stretch.html)

1.椅子に腰掛け、膝の上に手を置いて足を組みます。

2.足を組んだまま、息を吐きながら上体を倒します。

3.無理のない範囲まで倒したら、5秒キープします。

4.ゆっくりと姿勢を元に戻します。反対側の足でも同様に行いましょう。

足を抱えるストレッチ

引用:【腰痛ストレッチ】ー腰痛体操とストレッチ(https://www.youtsuufirmly.com/taisaku/stretch.html)

1.椅子に座ったまま、片足を椅子の上に乗せます。片足だけ、椅子の上で体育座りをするような姿勢を取りましょう。

2.椅子の上に乗せた足を両手で抱えて5秒キープします。足を抱える時は、息を吐きながらゆっくりと行います。

3.息を吐きながら、足をゆっくりり椅子から下ろします。こちらも左右交互に行いましょう。

腰を回すストレッチ

引用:【腰痛ストレッチ】ー腰痛体操とストレッチ(https://www.youtsuufirmly.com/taisaku/stretch.html)

1.椅子に座り、腰に手を当てて上体をゆっくりとねじります。こちらも息を吐きながら、ゆっくりと行います。

2.腰をねじったまま5秒キープし、息を吐きながら元に戻します。反対方向へも同じように腰をねじって5秒キープしましょう。

腰痛になると、どうしても痛みがあるので動きたくありませんよね。もちろん安静も大切ですが、早く治して再び腰痛になるのを予防するためには、腰の筋肉を鍛えることも大切です。

腰痛の原因は運動不足

筋肉は動かさないと固まってしまいます。筋肉のこわばりや凝りが腰痛の原因にもなりますから、オフィスワークとは言え、適度に体を動かすことが腰痛解消のカギです。

自分の席で楽々ストレッチ

1.まず、椅子に座ったまま頭の後ろで手を組みます。これがストレッチの基本姿勢となります。肘は反りすぎたり前に曲げすぎたりせず。体の真横に来るようにしましょう。

引用:デスクワークの方必見!腰痛が驚くほど軽くなる3分でできる腰痛解消ストレッチ(https://zi-gen.com/desk-work-lumbago-2169)

2.組んだ腕で頭を抱えるように、ゆっくりと背中を丸めて上体を倒します。息を吐きながら、おへそを見るつもりで体を丸めていきましょう。

引用:デスクワークの方必見!腰痛が驚くほど軽くなる3分でできる腰痛解消ストレッチ(https://zi-gen.com/desk-work-lumbago-2169)

3.今度は、腕を組んだまま、背中をゆっくりと反らします。息を吐きながら、胸を開くつもりで行いましょう。

引用:デスクワークの方必見!腰痛が驚くほど軽くなる3分でできる腰痛解消ストレッチ(https://zi-gen.com/desk-work-lumbago-2169)

4.次は、腕を組んだまま体を左右に倒します。この時、倒している反対側の側面が伸びている感覚があれば、正しいフォームでできています。

引用:デスクワークの方必見!腰痛が驚くほど軽くなる3分でできる腰痛解消ストレッチ(https://zi-gen.com/desk-work-lumbago-2169)

左右で同じように、息を吐きながら倒していきましょう。

5.基本の姿勢に戻り、息を吐きながら体をねじります。真後ろを見るつもりで、息を吐きながらゆっくりとねじりましょう。

引用:デスクワークの方必見!腰痛が驚くほど軽くなる3分でできる腰痛解消ストレッチ(https://zi-gen.com/desk-work-lumbago-2169)

片側ができたら、反対側も同じようにねじっていきましょう。

立ったままストレッチすると、より効果的

先ほどご紹介した、オフィスでできるストレッチ。椅子を使ってもできますが、実は立ったまま行うとさらに効果的です。

休憩室やトイレに行ったついでなどに、ぜひ試してみて下さいね。椅子に座っていないこと以外は、やり方は同じです。

体が凝り固まったと感じたら、積極的に動かしましょう。定期的に体を動かすことで、腰痛を予防したり改善したりすることができます。

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら



【デスクワークという地獄からの解放】

ヘルニアや腰痛でデスクワークをされている方はたくさんいますが、そんな方にとって、日々の仕事は地獄以外の何ものでもありません。

椅子に座ることは、骨盤に一番負担がかかる姿勢です。

この座る姿勢を矯正してくれて、腰への負担を軽減してくれると今話題の「アーユルチェア」を私の患者さん、20名に体験していただいて、感想を頂戴いたしました。

その結果はいかに・・・?

⇒ヘルニア腰痛に効果的なアーユルチェアを実際に使った感想はこちら



最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる