腰が痛くてたまらない、足がしびれる、なかなか治らない…

そんなとき、まず向かうのは整形外科。

整骨院や鍼灸院などへ…という方もいるかもしれません。

でも、正しい診断を得るために、一度は整形外科にかかったほうがいいと思います。

かくいう私がかかった病院、クリニックは、1年間に4か所!

多すぎましたよね?(汗)

【椎間板ヘルニア】診断

「椎間板ヘルニア」と診断するために、整形外科では、さまざまな検査が行なわれます。

私が受けた診察・検査の内容は…

まず症状を説明。

次に診察台に仰向けになり、ひざを伸ばしたまま足がもち上がるかチェック(イテテ…)。

足首に力が入るかチェック(これはOKだった)。

小さいハンマーで膝や足首の腱反射をチェック…などなど。

次の段階でX線とMRIの画像検査。

これらの結果から、「多分、ヘルニアの再発…」という私の予想が、「紛れもなく椎間板ヘルニア」と“格上げ!?”されたわけです。

ところで、「これはマズイ!」という痛みを感じた私は、最初に自宅近くの整形外科に駆け込みました。

人気があって、朝早くから患者さんが並んでいるクリニックです。

そこで「しばらく様子を見ましょう」と、湿布と痛み止めのロキソニンが処方されました。

引用元:腰痛.com(https://youtsuu-raku.com/wp-content/uploads/2015/12/Fotolia_69822403_Subscription_Monthly_M-e1456591319470.jpg)

【椎間板ヘルニア】よくならないから不安に…

会社勤めだったので、いつも混雑している自宅近くの整形外科に通うことは無理。

それに痛みは強くなるし、しびれも広がっている…

1か月後、勤務先近くの整形外科に思い切って行ってみました。

先生は、明るく「ここでいっしょに治しましょう」と言ってくれました。

うれしかった!

ようやく希望の光が差し込んだ気分\(^▽^)/

しばらく通院して電気治療とマイクロ波治療も受けることになりました。

が…相変わらず症状はよくなりません。

というか、まだまだ悪化していくみたい。

私の体、どうなっているんだろう?

不安が黒雲のようにわきあがり、総合病院の整形外科へ。

さらに半年以上過ぎてもよくならないので、別の専門クリニックへ。

と、計4か所を転々と…

けれども診断や治療方針は、どこも同じでした(-_-)

引用元:こぼり治療院(https://www.karada119.jp/_p/1867/images/pc/17e6710e.jpg)

【椎間板ヘルニア】“はしご”は必要なし

どこの先生もやさしく親切でした。

でも状況は変わらない…

4か所目の整形外科に行った帰り、私はようやく気づいたのです。

椎間板ヘルニアの場合、まったく歩けないとか、救急車で運ばれるとか、そういう緊急のケース以外は、あまり打つ手がないのだなと。

自分で電車やバスを乗り継ぎ、歩いて病院に来て、待合室で2時間!も待っていられる…

(とっても辛かったけど)

そういう患者は先生から見ると、緊急度が低いのだなと。

整形外科では、ブロック注射や手術という治療も選択肢のひとつになります。

でも、どこの先生もそういう提案をしてくれませんでした。

一般的にヘルニアは数か月で消失すると考えられています。

先生がたの「しばらく様子を見る」という判断は、標準的な治療方針だったわけです。

いろいろ話を聞けたのは参考になったけれど、“整形外科のはしご”は、必要なかったということですね。

お金もかかったし、今では反省しています(>_<)

 

引用元:素材のプチッチhttps://putiya.com/img/person/bussiness/hospital/hospital03/hospital03_d_08.png)

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら



【デスクワークという地獄からの解放】

ヘルニアや腰痛でデスクワークをされている方はたくさんいますが、そんな方にとって、日々の仕事は地獄以外の何ものでもありません。

椅子に座ることは、骨盤に一番負担がかかる姿勢です。

この座る姿勢を矯正してくれて、腰への負担を軽減してくれると今話題の「アーユルチェア」を私の患者さん、20名に体験していただいて、感想を頂戴いたしました。

その結果はいかに・・・?

⇒ヘルニア腰痛に効果的なアーユルチェアを実際に使った感想はこちら



最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる