モコモコ

こんにちは!愛知県で整体師をしているモコです。

今回は、腰痛ヘルニアのストレッチ、ガッテン(旧・ためしてガッテン)で大反響のストレッチについて書いていこうと思います。

【腰痛ヘルニアのストレッチ】腰痛の原因は寝返りの少なさ?

2016年11月2日に放送された、NHKガッテン(旧・ためしてガッテン)では、「解禁!腰痛患者の8割が改善する最新メソッド」として4つのストレッチが紹介されています。

2016年8月に発表された東京大学病院の最新研究によると、4つのストレッチを行うことで腰痛の症状が改善するだけでなく再発がストップするとのこと。

研究結果から、腰痛にならない人は一晩で平均24回もの寝返りをするそうですが、腰痛がある人はその半分以下の5~10回程度しか寝返りをしていないことがわかりました。

仰向けで寝ていると、内臓の重みで腰を圧迫し、酸素不足になり炎症が起きて腰痛になりやすくなります。

ヘルニアで腰痛がある時、楽に過ごせる姿勢は横向きの姿勢です。

引用元:腰痛克服ドットコム(https://youtsu-kokuhuku.com/wp-content/uploads/2016/01/neru_04.png)

仰向けを避け、睡眠中に横向きの姿勢がとれるよう、寝返りをしやすくするために身体を柔らかくすることが重要であることがわかります。

寝返りを増やして、ヘルニアの腰痛を解消する4つのストレッチを紹介します。

【腰痛ヘルニアのストレッチ】腰をねじるストレッチ

仰向けになります。

片方の手で片膝を押さえ、もう片方の手は頭の上方に置きます。

このまま腰をねじります。

この時、床から肩とひじが離れないようにします。

ねじった状態で、全身の力を抜き、6回深呼吸します。

左右1回ずつ×3セット行いましょう。

引用元:新しい風(https://i1.wp.com/xn-n8jub8830ajv3b.com/wp-content/uploads/2016/11/94244358d8d46a7c1c786b3a6c89a7ff-1.jpg)

【腰痛ヘルニアのストレッチ】ひじ立て+ひざ曲げストレッチ

うつ伏せから、ひじを立て、膝を曲げます。

この体勢で痛みが出る人は、ひじ立てのみでも構いません。

全身の力を抜き、6回深呼吸します。

うつ伏せに戻ります。

3セット行いましょう。

引用元:新しい風(https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQd5Mrd5-RP4UkQnqNwxuI-UWCyXD1fUYvkYo06hP7AKAl1y2GDFw)

【腰痛ヘルニアのストレッチ】ひざ抱えストレッチ

仰向けになり、背中を起こないよう、片手で片膝ずつ抱えるようにします。

両手の指を組んで、両膝を抱えます。

できる限り、太ももが胸につくようにします。

両手以外の全身の力を抜き、6回深呼吸します。

膝を立てたまま仰向けに戻ります。

3セット行いましょう。

引用元:新しい風(https://i2.wp.com/xn-n8jub8830ajv3b.com/wp-content/uploads/2016/11/999048eb8e278024f16522129854f53e-1.jpg?resize=768%2C531)

【腰痛ヘルニアのストレッチ】タオルで脚上げストレッチ

膝を立てて、膝頭にタオルをかけます。

片足を持ち上げ、タオルを片足のつま先に引っかけます。

膝を伸ばしたまま、手の力でゆっくりと脚を持ち上げます。

膝を伸ばせない方は、大きめのバスタオルを使用したり、反対側の足の膝を立てて行ってください。

全身の力を抜き、6回深呼吸します。

足を下ろして元の姿勢に戻ります。

左右1回ずつ、3セット行いましょう。

引用元:新しい風(https://i2.wp.com/xn-n8jub8830ajv3b.com/wp-content/uploads/2016/11/52776d6a374bc34ec08aac03d5d9dcf5.jpg?resize=768%2C531)

今回紹介したストレッチは、入浴後や就寝前などに行うと効果的です。

ストレッチは無理のない範囲で、深呼吸しながらリラックスして行うことが大事です。

「腰が痛くてなんとかしてください!!」



叫びのような声が、私の患者さんから毎日聞こえてきます。

私もできる限りのことをして、痛みを軽減させているのですが、数日たつと、

「モコ先生!また痛みが出ました!痛みを取ってください!」

このような繰り返しが非常に多いです。

その多くの原因は毎日の生活習慣です。

腰痛になる姿勢や、デスクワーク、家事など、腰に負担がかかる毎日で、結局また腰を痛めてしまうんですね。

その中で、みなさんあまり気づいていないですが、腰痛を癒すはずの時間が、さらに腰痛を助長していることがあります。

それはあなたはいつなのかご存知ですか?

人生の1/3をここで過ごします。

そうです。

あなたが寝ているときに腰痛をさらに悪化させているのです。

本来ならば、寝ている間は体の緊張がほぐれ、腰痛が改善する時間でなくてはいけません。

しかし、それが逆の時間になっている方が本当に多いんです。

私がこちらのマットレスを患者さんにオススメしてから、毎週3回治療に来ていた方が、2週間に1度の治療に減りました。

それくらい、寝ることは本当に重要な時間なんですね。

使用された94.2%の方が効果を実感したという統計もあります。

ですので、なかなか治りづらいという方は、ご自身のベッドのマットレスを換えてあげるだけでだいぶ生活がかわるとおもいますよ。

⇒私がその患者さんにオススメしたマットレスはこちら



【デスクワークという地獄からの解放】

ヘルニアや腰痛でデスクワークをされている方はたくさんいますが、そんな方にとって、日々の仕事は地獄以外の何ものでもありません。

椅子に座ることは、骨盤に一番負担がかかる姿勢です。

この座る姿勢を矯正してくれて、腰への負担を軽減してくれると今話題の「アーユルチェア」を私の患者さん、20名に体験していただいて、感想を頂戴いたしました。

その結果はいかに・・・?

⇒ヘルニア腰痛に効果的なアーユルチェアを実際に使った感想はこちら



最後に



最後に、私が患者さんに指導している腰痛対策のストレッチ法を20本の動画にしてまとめましたので、もしよろしければ簡単なアンケートにご協力いただきましたら、無料で差し上げたいと思います。

10秒で終わるアンケートです。

どうぞよろしくお願いします。

⇒アンケートに答えて、ストレッチ動画を観てみる